共通ナビゲーションを飛ばす

硫黄分規制への対応

ガソリン・軽油のサルファーフリー化

コスモ石油では、環境規制の強化に合わせて、2005年1月よりガソリン・軽油のサルファーフリー燃料の販売を行っています。サルファーフリー燃料とは、ガソリンや軽油に含まれている硫黄(サルファー)分を取り除き、10ppm以下にまで低減したクリーン燃料のことであり、これにより、自動車の排気ガスに含まれる大気汚染物質の排出量が削減できます。

船舶用燃料油の国際規格への対応

2020年より新たに、船舶用燃料油に含まれる硫黄分濃度の国際的な規制(IMO規制)が強化されます。その新たな規制に対応するための最適な製造方法や燃料処方検討、品質管理方法などの様々な課題に対する研究を実施し、規制に対応した燃料油を安定して供給すべく取り組んでいます。

用語集

IMO規制
IMO規制とは、国際海事機関(International Maritime Organization; IMO)によって、2020年1月より船舶の燃料油に含まれる硫黄分濃度を現状の3.5%以下から0.5%以下とすることが定められました。
本文ここまで

Copyright© COSMO OIL Co.,Ltd. All Rights Reserved