共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

CEPSAとの潤滑油事業提携に関する覚書締結について

2019年1月24日
コスモ石油株式会社

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:田中 俊一)の子会社であるコスモ石油ルブリカンツ株式会社(代表取締役社長:砂野 義充)はスペインの総合石油会社であるCompañía Española de Petróleos, S.A.U.(取締役最高経営責任者:Mr. Pedro Miró Roig、以下CEPSA)の子会社であるCEPSA COMERCIAL PETRÓLEO, S.A.U.(代表者:Mr. Álvaro Díaz Bild)と、潤滑油事業における業務提携に関する覚書を締結致しましたので、お知らせ致します。

本覚書は、コスモエネルギーホールディングス株式会社(代表取締役社長:桐山 浩)とCEPSAとの間で締結された石油関連事業に関する戦略的包括提携合意契約*1に基づき締結するものです。

覚書締結日 2019年1月23日
締結者
コスモ石油ルブリカンツ株式会社
代表取締役社長 砂野 義充
CEPSA COMERCIAL PETRÓLEO, S.A.U.
常務取締役 Mr. Carlos Giner Monleon
契約期間 5年間
主な内容
  • 潤滑油事業における技術情報の共有
  • 欧州における両社ブランドによる潤滑油製造・販売体制構築検討
  • 原材料の共同調達、OEM*2事業等の実施検討
目的 両社における、各社の強みを活かした新たな市場への潤滑油事業拡大のため。コスモ石油ルブリカンツが持つ処方技術と、CEPSAが持つ欧州での製造・販売ネットワークを活用し、1社ではリーチできなかった市場へのアクセスを可能とする。

コスモエネルギーホールディングスとCEPSAは共にMubadala Investment Company(以下Mubadala)をシェアホルダーにもつMubadalaグループの一員として、石油・ガス開発事業や石油関連事業において協業機会を検討してまいりましたが、その結果として今般、潤滑油事業での覚書締結に至りました。

コスモ石油ルブリカンツは潤滑油とグリースを専門に、研究開発から製造、販売、品質管理までの一貫したサプライチェーンを構築しており、長年に渡り培ってきた処方技術に基づき数多くの潤滑油とグリースを開発し、日本のみならず、北米・東南アジアを中心にグローバルでの供給体制を構築しています。

本提携では、コスモ石油ルブリカンツの処方技術と、CEPSAの欧州における製造・販売ネットワークを両社で共有し、新たな欧州での潤滑油製造・販売体制の構築、及び原材料の共同調達やOEM等の実現を目指していきます。

今後もコスモエネルギーグループとCEPSAは、引き続き相互の企業価値向上に向け、各分野における事業案件の発掘について可能性を追求してまいります。

写真
(写真左から、Mr. Carlos Giner Monleon、Mr. Pedro Miró Roig、桐山社長、砂野社長)

【CEPSA COMERCIAL PETRÓLEO, S.A.U.概要】
本社所在地 Paseo de la Castellana, 259, Madrid, Spain
代表者 Álvaro Díaz Bild
株主構成 CEPSA 100%
【コスモ石油ルブリカンツ概要】
本社所在地 東京都港区1-1-1 浜松町ビル
代表者 代表取締役社長 砂野 義充
設立 1987年
資本金 16億2,000万円(2018年3月末現在)
株主構成 コスモ石油株式会社 100%
事業内容
  • 潤滑油およびグリース類の研究開発・製造・販売
  • 石油関連商品の販売
  • 石油類の分析試験

【参考】
*1:2014年1月21日にコスモ石油株式会社(現:コスモエネルギーホールディングス株式会社)とCEPSAが締結した契約。(https://ceh.cosmo-oil.co.jp/press/p_140121/index.html
*2: OEM: Original Equipment Manufacturer(相手先ブランドでの製品製造)

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報・ブランド戦略グループ 多村・増田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO OIL Co.,Ltd. All Rights Reserved