共通ナビゲーションを飛ばす
プレスリリース

供給体制の再構築について

2018年3月20日
コスモ石油株式会社

コスモ石油株式会社(代表取締役社長:小林久志、以下:当社)は、千葉製油所の第1常圧蒸留装置の廃棄をもってエネルギー供給構造高度化法一次告示、四日市製油所の常圧蒸留装置1基の停止を二次告示への対応としておりましたが、以下のとおり変更することとし、原油等の有効利用目的達成計画書の変更」の届を経済産業省へ提出し、受理されましたのでお知らせ致します。

一次告示への対応:四日市製油所の第5常圧蒸留装置の廃棄
二次告示への対応:常圧蒸留装置の公称能力の削減
  1. 変更の背景
    当社は、JXTGエネルギー株式会社(代表取締役社長:杉森 務)と、当社千葉製油所とJXTGエネルギー株式会社千葉製油所を結ぶパイプラインが完成した後(2018年2月に完成)、精製設備を一元化した場合に当社が現在所有する第1常圧蒸留装置を廃棄し、この対応をもってエネルギー供給構造高度化法一次告示の対応としておりました(既報)。
    しかしながら、両社を取り巻く環境が大きく変化したため、精製設備を一元化せずに千葉製油所第1常圧蒸留装置の稼働を継続させた上でパイプラインを最大活用し、京葉精製共同事業合同会社(社長:武 健太郎)を継続して共同事業を推進させシナジーを追求することが、両社にとって最良であるとの結論に至りました。
  2. 実施時期
    2018年3月31日(土曜日)
  3. 内容
    単位:バレル/日
    製油所名 装置名称 現状 変更後
    千葉製油所 第1常圧蒸留装置 75,000 75,000
    第2常圧蒸留装置 102,000 102,000
    原油処理能力 合計 177,000 177,000
    四日市製油所 第5常圧蒸留装置 停止 廃棄
    第6常圧蒸留装置 86,000 86,000
    原油処理能力 合計 86,000 86,000
    堺製油所 常圧蒸留装置 100,000 100,000
    合計 363,000 363,000

    ※事業提携に基づき、別途昭和シェル石油より37,000バレル/日相当の製品、半製品の供給を受けております。

    (1バレル≒159リットル)
以上

【本件に関するお問い合わせ先】
コスモエネルギーホールディングス株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報室 青井・増田
電話 03-3798-3101  FAX 03-3798-3841

本文ここまで

Copyright© COSMO OIL Co.,Ltd. All Rights Reserved